ケイ素のちから

水晶の力。老化を遅らせ、血流や皮膚を始め様々な体の悩みを解決する、活性珪素水溶液。体験談とともに珪素のパワーについて解説します

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウモプラス(UmoPlus)の特徴

ウモ(umo)の名で知られる活性ケイ素水溶液。口コミで広がるその威力。このケイ素サプリを水で薄めて飲用したり、皮膚に塗布したり、既存のヘルスケア製品等に少し混ぜて効能をアップさせたり…様々な疾病や老化にともなう症状が驚くほど改善される例が報告されています。

主成分であるケイ素は、体内で作ることはできないのですが、誰でも7~18gぐらい持っており、皮膚、爪、毛髪、骨に広く分布しています。ふだん海産物・農作物を通して摂取しており、20代半ばをピークに蓄えておく力が衰えていきます。

老化はケイ素の量の減少と関係あるのですが、一般の食事で十分な量を取り込むことには限界があります。ウモプラスは、純度の高い活性ケイ素の水溶液(umo®)で、体内でケイ素を非常に吸収しやすくしました。

最新の研究では、ケイ素はカルシウムより骨の強化に効果的であることが観察されたり、保湿成分のコラーゲンやヒアルロン酸も、活性ケイ素を補ってやれば効果が全然違うことがわかってきています。また解毒作用もあります。

薄毛・育毛や肌・皮膚の悩みだけでなく、血流・血圧や骨の問題、また驚くことに精神的な病まで改善されているという体験談が寄せられています。(体験談は別途詳しく見ていきます。)

高齢化に伴う健康や美容の問題と向き合う今、数々のアンチエイジング成分の中でも、なぜそれほど活性ケイ素が重視されるようになっているのでしょうか。

新陳代謝を低下させ老化を勧めるのが活性酸素ですが、それを除去し、細胞を活性化させ、いつまでも若々しく美しさを保つためにケイ素が活躍します。農業が近代化される以前は土壌からもっと多くのケイ素を自然に作物を通して摂取していたものでした。

ケイ素は植物プランクトンである珪藻が、長い年月を経て結晶化したもので水晶では99.9%がケイ素で構成されています。この非金属鉱物の成分を水に完全に溶解することは技術的に非常に困難でした。これを十数年の年月をかけて韓国で完全な水溶液化に成功し、2007年12月に日本で世界で初めて活性珪素の水溶液製品「umo®」が誕生しました。

日本産石英を1650度で8時間熱することにより気化して結晶化し、それを水溶性にすることができたのです。活性化されたケイ素は遺伝子レベルで体の細胞能力を蘇らせます。

商品名「ウモプラス」と呼ぶ、この活性ケイ素水溶液の製造販売元である株式会社リンクス(国内ライセンス所持)は、日本珪素医科学学会の正規会員企業でもあります。

以降のトピックでは、ウモプラス活性化ケイ素水溶液の効能や、主成分のケイ素の力、使用体験談などを見ていきます。

コメントの投稿

秘密

 
リンク・ブックマークの追加
植物性ケイ素水溶液「からだ天国」
Umo活性ケイ素水溶液
トピック一覧
カテゴリ
QRコード
QR
RSSリンクの表示
reachWORD
  • 無料SEO診断
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。