ケイ素のちから

水晶の力。老化を遅らせ、血流や皮膚を始め様々な体の悩みを解決する、活性珪素水溶液。体験談とともに珪素のパワーについて解説します

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ケイ素の安全性

「ケイ素サプリ 口コミ」とか「ウモプラス 口コミ」という名前のブログや記事は多いのですが、中はほとんどどれも同じで、このサイトでも説明しているリンクス社の販売サイトに寄せられた「体験談」のことです。ただし、購入時期によって情報が更新されているので参考にははります。

当然ながら、効果があった例を大量に紹介しており、体験談を使って販売者にとって不利なことを掲載しているはずはありませんよね。体の中に入れる商品であれば、注意すべき点を知りたいところですが、実際口コミや周囲の体験でも、人によっては少々お腹が緩くなった等しか聞きません。その後、体調不良になったとも聞かないため、個人的には腸内が一時的に浄化され過ぎて、居座っていた(?)不純物が離脱しようとしたのではないかと想像します。

効果は海外でも確認されていますが、どんなにいいものでも摂り過ぎていいはずがないので、英文サイトも含めて弊害について調べてみました。が、ケイ素の取り過ぎで健康問題が出たという例はまだ目にしません。

ケイ素そのものがもともと人間の体内に存在するだけでなく、サプリとなる二酸化ケイ素(SiO2)という状態での食品添加物も、FAO(食糧農業機関)やWHO(世界保健機関)がその安全性を評価しています。それ以上に信頼できる根拠は、ケイ素のゲル化に世界で初めて成功したドイツで、ゲル状ケイ素サプリ「シリシア(silicea)」が認可基準の厳しいレホルム製品として認められ、長年、胃腸薬として家庭で常備されてきたという事実ではないでしょうか。

敢えてリスクを考えるなら、一般にミネラルの摂り過ぎは、食欲不振・骨の異常・結石・肝炎・免疫力低下などを起こすので、飽く迄食事の補助として摂取すべき、ということとなります。成分に常習性はありませんから心理面での注意点ですね。(注:ケイ素は解毒作用があるので、食べ物を受け付けないような嘔吐・下痢のときでも飲むことができたという緊急対処の例はあります。)

もうひとつ、ケイ素の摂取による問題が見受けられない理由は、一般のサプリに使われている二酸化ケイ素(SiO2)は、酸化チタンなどと並んで錠剤のコーティング剤として使用されるのですが、これは、体内で吸収されずに排出されるためです。

逆に言えば、ケイ素を体内で吸収される状態にすることが非常に困難であったため、ウモ(umo®)のような水溶液が開発される必要があったといえます。抽出コストかかるのと、まだ量産されていないのもあり、一般の栄養補助製品のような安易なとりすぎが起こりにくいのかもしれません。

Umoプラスより割安で安全性が高いと言われる植物性ケイ素サプリが2014年に登場しました。

からだ天国【ケンコウアイ】

コメントの投稿

秘密

   
リンク・ブックマークの追加
植物性ケイ素水溶液「からだ天国」
Umo活性ケイ素水溶液
トピック一覧
カテゴリ
QRコード
QR
RSSリンクの表示
reachWORD
  • 無料SEO診断
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。